薬剤師の高収入の目指し方は様々

一口に薬剤師が高収入か低収入かと言うのは難しいです。

 

しかし基本的にはその就業する種類などで、大まかな点は言えるかもしれません。現在、薬剤師が就職しやすい業種としてドラッグストアが挙げられます。多くのお客さまと接することができるので、人が好きな方には向いているかもしれません。

 

一般的にはお給料も悪くはありません。ドラッグストアの多くは年中無休で夜も遅くまで営業しているところが多いです。ですので、勤務時間が多くなる可能性もあり、その場合はかなりの高給が見込める可能性もあります。ただし仕事内容が薬品と関係のない雑多な業務なのでそれをどう捕らえるかにもよります。

一般的な薬局に勤めたいという希望での薬剤師の高収入の目指し方としては、なるべく地方僻地で就業するということです。

 

つまり人手不足が深刻であればあるほど、お給料が高いと考えていいでしょう。経験の浅い人でも都会で何年も経験を積んだ人と変わらないお給料がもらえる可能性が高いです。

就職や転職において一番難易度が高いかもしれませんが、大手の製薬会社で勤務するというのが一番堅実で、結果的に高収入であると考えられます。会社としての信頼度が高いと言う事も大きなメリットでもありますし、先々の転職においても有利なスキルと人脈を構築できる可能性もあります。

 

薬剤師の高収入の目指し方としての最終目標がこれかもしれません。

 

大手製薬会社を目指すのは激しい競争を勝ち抜いたり、運などにも左右されるでしょう。少し方向性を変えた、薬剤師の高収入の目指し方として、ドラッグストアで勤務し、経験とノウハウを積んだ上で、独立するという方法

 

接客応対の経験と薬品にとどまらない幅広い知識や多くのアルバイト従業員との業務など、ドラッグストアでは独立する上で重要なさまざまなスキルを積むことができる、非常に価値のある場所と考えることもできます。薬剤師の高収入の目指し方は考え方によってはさまざまな可能性があります。

 

 

薬剤師ドットコムラボ TOP