主婦薬剤師の働き方

工夫することでこれは十分に可能です。患者が調剤薬局を尋ねる時間は圧倒的に午前中ですから、午前中に勤務ができるのであれば高時給での雇用をしてくれる所は必ずあります。

 

主婦薬剤師でも働ける時間をあらかじめ調剤薬局などの雇用してくれる会社などに伝達しておけば、対応をしてくれる可能性が高いので、午前中昼過ぎかあるいは13時ごろまで働いて、その後はフリーにできるといった勤務の条件を飲めるところは多くあると考えられます。

 

患者が午前中の調剤薬局を多く尋ねるというのは、患者の多くが医療機関での受診を午前中にするからとも言えます。特にこの傾向は入院施設があるような大病院や地域の中核拠点となる医療機関で多くあります。診療所の場合は仕事帰りにも医療機関が受診できるように、その日の15時頃から夕方まで受診ができるところもありますが、その患者数は午前中に比べれば圧倒的に少ないと言えます。

そのため主婦薬剤師でなくても、今まで勤務していた人などが調剤薬局でフルで働けば事が足りる場合もあるために、あえて主婦薬剤師にまで勤務をお願いしないといけない場合はそれほど多くないことが想定されます。

女性でも家庭だけでなく外で働ける環境づくりが大切になります。そのため薬剤師のように貴重な国家資格を持つ人はなおさら働けるのであれば時間制限ありでも積極的に働くことができるような体制整備が、行政には求められていると言えます。

 

主婦薬剤師の働き方が増えるという点で保育所の整備をしっかりと行うことや、勤務時間に多少ゆとりがあるのであれば幼稚園でも構わないケースもあるでしょう。応用がきかせられるような多様な働き方が許容されるそういった社会整備が求められていると言えます。

 

女性でも時間を多少制限してもそのことによって不利益になることがないような、一人一人の意識改革も必要になってきますので、行政でもしっかりとそのことを考えた施策が必要

 

 

薬剤師ドットコムラボ TOP